【2021年地震予知】静岡がヤバイ・イルカ9頭が打上げ・沼津市と東伊豆町に異常

東伊豆で2021年4月21日夜から22日未明にかけて震度1以上の揺れが11回起きた。約40年前の1978年1月に起きた伊豆大島近海地震に関連している可能性があると言われているが南海トラフの前兆ではないのか?地震が相次ぎ5時間で11回の揺れが起きた。

21日夜には伊豆大島近海を震源とする地震が発生、東伊豆町では震度3だった。また午後9時半、東伊豆町で震度3の揺れを観測する地震が発生した。最初の地震から約5時間に東伊豆町では震度1以上の揺れが11回観測されている。

また、2021年4月22日朝 静岡県沼津市でイルカ9頭が打ち上がったのだ。イルカが打ちあがる場合、大きな地震に今後注意が必要だ。

日本では年間300頭のイルカが打ちあがっているので、さほど気にしなくても良さそうだが、注意するべきであろう。イルカと地震説はゼロではない。東日本大地震の際、震災前の3月6日に茨城県鹿嶋市に約50頭が打ちあがった事例がある。さらに、ニュージーランドでも大きな地震の前に100頭近いクジラが打ちあがっているのだ。無関係とは言えないだろう。

大きな地震の場合、何かしらの影響はある可能性があると専門家も説明している現状である。個人的には脅す訳ではないが南海トラフ地震、首都直下型地震発生の可能性が無くはないと思うので備えは必要だと思う。イルカの大量死と大地震の予兆は無関係では無いという事だ。打ち上げられた場所と地震発生場所が同じではない場合もある。

クジラやイルカの他に、深海魚「リュウグウノツカイ」が大地震前に浮いている場合もある。

ぴぱんこ

関東在住 コンビニ・グルメなどの記事を書いています。 こちらのサイトはグーグルアドセンスと楽天アフィリエイトを利用しております。

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です