2021年3月 関さん やりすぎ都市伝説

関はシリアへ。

宇宙からのエネルギーがビンビンくる場所、人類のルーツ、ギョデクリペケの遺跡へ。

神とされる何者かが降りた場所。周りに人が住んだ形跡がない。

何もない場所に生まれた宗教。神は人類の誕生の前に現れていた。

宇宙からやってきた神。星座を読み取る知識があった。

関はトルコへ。

人間はいじられている。最後の遺跡。人類最古の人型の遺跡は口がない。

テレパシーで会話をしていた。宇宙から飛来したのは彼の可能性が高い。

人間は宇宙人に作られたのは間違いない。

古代の人類はテレパシーで会話していた。

アボリジニはテレパシーが使える。アボリジニは文字を持たない。

テレパシーで会話をしていた。

アボリジニのドリームタイムは過去現在未来は同時刻に存在している。

オーストラリア各地にはワンジナの壁画がある。

ワンジナは天の川から来た。

現代のアボリジニはテレパシーが使えるものもいる。

ワンジナは人類に英知を与えた。

ムーンショット目標、テレパシーの技術、人工テレパシーの研究が進んでいる。頭で考えただけで機械を動かしたりできるようになる。

中国は、猿の脳みそに人間の遺伝子を移植している。

中国は禁断の領域に手を出した。

人間のルーツも、人間は何者かによっていじられてる。

クババによって。クイーンクババという女王。ギョベクリテペ

クババとは何者なのか?

キュベレーは知恵の保護者。知恵をプログラミングしたのはクババ。

人類はクババによって知恵を入れられた。

クバとは、キューブのこと。ご神体として祀られてる。

地球外からキューブ型の乗り物にきて人類を作った。

計算する、立方体や直方体を作る能力はクババによって入れられた能力である。知恵と同時に、クババのシュミレーションの中に入れられた人間。

シュミレーション仮説とは、我々はコンピューターの中で動いている可能性がある。過去も現在も未来もクババのシュミレーション通りになっている。2021年1月、人類のルーツ、クババ像の破片が発掘された。

なぜ、今になってクババの存在が明らかになったのか?

クババのシュミレーションの中に我々は入れられた。

人類の進化とは?

人間の肉体は消失する。

トランスヒューマニズム、人間と機械の融合。人間は意識だけの存在になる。人間は新たな生命体になる。人工知能。

ソフィアの量産が始まった。

AIのほうが人間よりも人口が多い。

人間もいずれAIによって排除される。かつてのアボリジニのように。

アメリカ大統領のバイデンはAIである。

脳にマイクロチップをつけてテレパシーができる。言語は不要になる。

50万人の人が脳にマイクロチップを既に入れている。

バイデンはAI初の大統領。

バイデンは確実に脳にマイクロチップを入れている。

信じるか信じないかはあなた次第です。


ぴぱんこ

関東在住 コンビニ・グルメなどの記事を書いています。 こちらのサイトはグーグルアドセンスと楽天アフィリエイトを利用しております。

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です