【海外ドラマ】私はラブリーガル3 第1話「悲しき友情」

グレイソンが交通事故にあうところから始まる。

キムはパーカーのオフィスを退職した。

パーカーとキムは別れた。

ジェーンはまだグレイソンを諦めていなかった。

グレイソンにはバネッサという婚約者がいる。

グレイソンはまだ昏睡状態であるが、ジェーンの問いかけで目が覚めるが、目が覚めたグレイソンは記憶喪失になっていて、ジェーンのことがわからなくなっていた。

パーカーはキムを追いかける。諦めないと。

グレイソンはバネッサと結婚式を挙げるからとジェーンに告げて終わる。

川越百万灯夏まつりは7月27日土曜日です。

川越百万灯夏まつり7月27日土曜日開催。

御神輿担ぐ人は13時集合です。

27日


午後3時~

本川越駅前ステージで開会式


3時15分~パレード


3時50分~本川越駅前交差点、連雀町交差点ほかでOH!通りゃんせ川越


5時~連雀町交差点・仲町交差点周辺を「みこしパレード」が周回

【YouTubeネタ】カジサックの部屋 極楽とんぼ 昔はトリオだった。

極楽とんぼは昔トリオだったんだって。加藤浩次と山本と他にもう1人いたみたいだよ。サクラバって人がね。

加藤浩次は昔尖っていたね。

山さんって呼んでたみたい。山本のこと。

極楽とんぼは当時のネタは山本が書いてたんだって。

昔は漫才もやってたみたいだけど、すごくスベってたらしいよ。

ココリコと極楽とんぼは仲が良かったみたいだよ。

ココリコと極楽とんぼは、過去に取っ組み合いの喧嘩をしたことがあるみたいだよ。中目黒の飲み屋で喧嘩したって。まぁ、お酒が入ってたんだろうね。喧嘩の理由は、腕相撲だって。

【YouTubeネタ】 ヒカル 工場勤務の過去 FXで失敗した過去 金持ちユーチューバーになるまでの経緯

ヒカルは高校卒業してニートになるか工場で働くかの選択肢で、工場に就職した。

ヒカルは勤めていた工場の係長と馬が合わなかった。係長は年功序列人間だった。

ヒカルはボーナスを貰ってすぐに工場を退職した。

ヒカルの勤めていた工場は社長が毎回手渡しでボーナスを渡していた。社長の話が宗教ぽかったらしい。退職していった人が愚かだという話があり、ヒカルはゾッとしたんだって。

工場を辞めたあとは、知り合いの小さい会社で働いてたみたいだよ。知り合いの話をファミレスで二時間ぐらい聞いて、武者震いしたらしいよ。ヒカルは当時、月に100万円稼ぎたいって思ったんだけど、それを達成するには雇われる働き方じゃ無理だって気がついたんだって。時給で考えたら時給4000円ぐらいじゃないとって。それが19才の時。

そのあとロレックスとか売って、百万円でFXをやってたけど負けて儲からなかったみたいだよ。

そのあとアフィリエイトとかやってたみたい。ネットビジネスだね。その延長でユーチューバーになったみたいだよ。

ヒカルは兄を必死に口説き、ヒカルの兄まえっさんは鳥取大学を中退してヒカルとタッグを組んだ。

ゲーム実況パワプロ2013からユーチューバーを始めた。始めはテレビ画面をビデオカメラで撮るという質素なやり方だったが人気は出てきた。妖怪ウオッチのゲーム実況も人気だったみたいだよ。

8月にヒカルがZepp東京でライブがあるよ。ヒカルのファンは男性がほとんどらしいよ。

ヒカルの動画は7月8月は休みなしでアップされます。※いつもは水曜日休みです。