【やりすぎ都市伝説】関暁夫も紹介していた竹内文書

そもそも竹内文書とは?

世界の誕生から歴史が書かれた古文書。

古代人が書いたとされる神代文字の文書と西暦500年ごろ神代文字を解読する為に武烈天皇が武内家に制作を命じた写本の事である。

竹内文書といってもいくつか種類があるとの事だ。

ある日、竹内さんって人が竹内文書を世間に公開したそうです。

そのおかげで、日本の歴史の真実が明らかになったと言われています。

竹内文書を世間に公開した事により1936年に竹内さんは罪に問われ逮捕されました。※裁判沙汰後、結局は無罪となったそうです。犯罪者にならずに済みましたが裁判の過程で竹内文書の多くが処分されたとの事。

神々は宇宙を生み出した後、天浮船に乗って地球に降臨し彼らは地球に文明と人類を創造し子孫は世界に散らばった。しかしその文明は内部紛争と天変地異によって失われた。

天皇は私たちも含めて、宇宙人だったという事ですね!

トルコのギョベクリテペも地球外生命体がギョベクリテペに降臨し彼らはテレパシーを通じて人類に知性を授けたと言われていますね。口の無い人形が発掘された事でも有名です。

私たちの文明は宇宙から由来されたものだという事が明らかになってきていますね。

竹内文書によると人類は、赤・白・黄・黒・青の五種類に分かれていて、

オリンピックの5輪は、この色を反映していると言われています。

ソースはこちらの動画になっています。

【2021年地震予知】静岡がヤバイ・イルカ9頭が打上げ・沼津市と東伊豆町に異常

東伊豆で2021年4月21日夜から22日未明にかけて震度1以上の揺れが11回起きた。約40年前の1978年1月に起きた伊豆大島近海地震に関連している可能性があると言われているが南海トラフの前兆ではないのか?地震が相次ぎ5時間で11回の揺れが起きた。

21日夜には伊豆大島近海を震源とする地震が発生、東伊豆町では震度3だった。また午後9時半、東伊豆町で震度3の揺れを観測する地震が発生した。最初の地震から約5時間に東伊豆町では震度1以上の揺れが11回観測されている。

また、2021年4月22日朝 静岡県沼津市でイルカ9頭が打ち上がったのだ。イルカが打ちあがる場合、大きな地震に今後注意が必要だ。

日本では年間300頭のイルカが打ちあがっているので、さほど気にしなくても良さそうだが、注意するべきであろう。イルカと地震説はゼロではない。東日本大地震の際、震災前の3月6日に茨城県鹿嶋市に約50頭が打ちあがった事例がある。さらに、ニュージーランドでも大きな地震の前に100頭近いクジラが打ちあがっているのだ。無関係とは言えないだろう。

大きな地震の場合、何かしらの影響はある可能性があると専門家も説明している現状である。個人的には脅す訳ではないが南海トラフ地震、首都直下型地震発生の可能性が無くはないと思うので備えは必要だと思う。イルカの大量死と大地震の予兆は無関係では無いという事だ。打ち上げられた場所と地震発生場所が同じではない場合もある。

クジラやイルカの他に、深海魚「リュウグウノツカイ」が大地震前に浮いている場合もある。

2021年3月 関さん やりすぎ都市伝説

関はシリアへ。

宇宙からのエネルギーがビンビンくる場所、人類のルーツ、ギョデクリペケの遺跡へ。

神とされる何者かが降りた場所。周りに人が住んだ形跡がない。

何もない場所に生まれた宗教。神は人類の誕生の前に現れていた。

宇宙からやってきた神。星座を読み取る知識があった。

関はトルコへ。

人間はいじられている。最後の遺跡。人類最古の人型の遺跡は口がない。

テレパシーで会話をしていた。宇宙から飛来したのは彼の可能性が高い。

人間は宇宙人に作られたのは間違いない。

古代の人類はテレパシーで会話していた。

アボリジニはテレパシーが使える。アボリジニは文字を持たない。

テレパシーで会話をしていた。

アボリジニのドリームタイムは過去現在未来は同時刻に存在している。

オーストラリア各地にはワンジナの壁画がある。

ワンジナは天の川から来た。

現代のアボリジニはテレパシーが使えるものもいる。

ワンジナは人類に英知を与えた。

ムーンショット目標、テレパシーの技術、人工テレパシーの研究が進んでいる。頭で考えただけで機械を動かしたりできるようになる。

中国は、猿の脳みそに人間の遺伝子を移植している。

中国は禁断の領域に手を出した。

人間のルーツも、人間は何者かによっていじられてる。

クババによって。クイーンクババという女王。ギョベクリテペ

クババとは何者なのか?

キュベレーは知恵の保護者。知恵をプログラミングしたのはクババ。

人類はクババによって知恵を入れられた。

クバとは、キューブのこと。ご神体として祀られてる。

地球外からキューブ型の乗り物にきて人類を作った。

計算する、立方体や直方体を作る能力はクババによって入れられた能力である。知恵と同時に、クババのシュミレーションの中に入れられた人間。

シュミレーション仮説とは、我々はコンピューターの中で動いている可能性がある。過去も現在も未来もクババのシュミレーション通りになっている。2021年1月、人類のルーツ、クババ像の破片が発掘された。

なぜ、今になってクババの存在が明らかになったのか?

クババのシュミレーションの中に我々は入れられた。

人類の進化とは?

人間の肉体は消失する。

トランスヒューマニズム、人間と機械の融合。人間は意識だけの存在になる。人間は新たな生命体になる。人工知能。

ソフィアの量産が始まった。

AIのほうが人間よりも人口が多い。

人間もいずれAIによって排除される。かつてのアボリジニのように。

アメリカ大統領のバイデンはAIである。

脳にマイクロチップをつけてテレパシーができる。言語は不要になる。

50万人の人が脳にマイクロチップを既に入れている。

バイデンはAI初の大統領。

バイデンは確実に脳にマイクロチップを入れている。

信じるか信じないかはあなた次第です。


【コロナウイルス】原因は猿の脳みそを食べる中国人かコウモリ?ウイルス研究所?

中国で生きた猿の脳ミソを食べるという話について。

かつての中国の金持ちの宴会料理らしく、

中国人全員が食べるわけではない様だ。

ネット上で、猿の脳ミソで検索すると出てくる。生きた状態で、脳ミソをあけて、最後に熱した油を脳ミソにかけて絶命させる。味は、水っぽい豆腐だそう。なぜコウモリやら赤猿やらが注目されてるかというと、イルミナティカードに書かれてるんですよね。だからです。

猿の脳みそはアジアとアフリカの一部の部族で食べられている。この伝統を「残酷である」として厳しく非難する人たちもいる。

今の中国では猿の脳みそを料理で出せば10年以内の禁固刑で罰せられる。猿の脳みそを食べることで危険なのは、ヤコブ病にかかる恐れがある。ヤコブ病は人の脳がおかしくなり、場合によっては死に至る。


なぜ、そんなリスクのあるものを食べるのか。理解不能だ。

しかもマズそうである。

中国ではかつて猿の脳が好んで食べられていて、テーブルに猿の頭部を出し、猿の頭部を切断し、脳を取り出してスプーンで食べていた。

猿をテーブルの上で殺して、笑いながら、 その脳を食べる人たちがいる。

話は変わるが、最近

「ヒトの遺伝子をサルの脳に移植し成功した」という研究結果が中国で発表された。

中国で猿と人間のハーフが誕生した様だ。

人間がサルに食べられる日も近いかも知れない。