【コロナウイルス】原因は猿の脳みそを食べる中国人かコウモリ?ウイルス研究所?

中国で生きた猿の脳ミソを食べるという話について。

かつての中国の金持ちの宴会料理らしく、

中国人全員が食べるわけではない様だ。

ネット上で、猿の脳ミソで検索すると出てくる。生きた状態で、脳ミソをあけて、最後に熱した油を脳ミソにかけて絶命させる。味は、水っぽい豆腐だそう。なぜコウモリやら赤猿やらが注目されてるかというと、イルミナティカードに書かれてるんですよね。だからです。

猿の脳みそはアジアとアフリカの一部の部族で食べられている。この伝統を「残酷である」として厳しく非難する人たちもいる。

今の中国では猿の脳みそを料理で出せば10年以内の禁固刑で罰せられる。猿の脳みそを食べることで危険なのは、ヤコブ病にかかる恐れがある。ヤコブ病は人の脳がおかしくなり、場合によっては死に至る。


なぜ、そんなリスクのあるものを食べるのか。理解不能だ。

しかもマズそうである。

中国ではかつて猿の脳が好んで食べられていて、テーブルに猿の頭部を出し、猿の頭部を切断し、脳を取り出してスプーンで食べていた。

猿をテーブルの上で殺して、笑いながら、 その脳を食べる人たちがいる。

話は変わるが、最近

「ヒトの遺伝子をサルの脳に移植し成功した」という研究結果が中国で発表された。

中国で猿と人間のハーフが誕生した様だ。

人間がサルに食べられる日も近いかも知れない。


ぴぱんこ

関東在住 コンビニ・グルメなどの記事を書いています。 こちらのサイトはグーグルアドセンスと楽天アフィリエイトを利用しております。

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です