【YouTubeネタ】 ヒカル 工場勤務の過去 FXで失敗した過去 金持ちユーチューバーになるまでの経緯

ヒカルは高校卒業してニートになるか工場で働くかの選択肢で、工場に就職した。

ヒカルは勤めていた工場の係長と馬が合わなかった。係長は年功序列人間だった。

ヒカルはボーナスを貰ってすぐに工場を退職した。

ヒカルの勤めていた工場は社長が毎回手渡しでボーナスを渡していた。社長の話が宗教ぽかったらしい。退職していった人が愚かだという話があり、ヒカルはゾッとしたんだって。

工場を辞めたあとは、知り合いの小さい会社で働いてたみたいだよ。知り合いの話をファミレスで二時間ぐらい聞いて、武者震いしたらしいよ。ヒカルは当時、月に100万円稼ぎたいって思ったんだけど、それを達成するには雇われる働き方じゃ無理だって気がついたんだって。時給で考えたら時給4000円ぐらいじゃないとって。それが19才の時。

そのあとロレックスとか売って、百万円でFXをやってたけど負けて儲からなかったみたいだよ。

そのあとアフィリエイトとかやってたみたい。ネットビジネスだね。その延長でユーチューバーになったみたいだよ。

ヒカルは兄を必死に口説き、ヒカルの兄まえっさんは鳥取大学を中退してヒカルとタッグを組んだ。

ゲーム実況パワプロ2013からユーチューバーを始めた。始めはテレビ画面をビデオカメラで撮るという質素なやり方だったが人気は出てきた。妖怪ウオッチのゲーム実況も人気だったみたいだよ。

8月にヒカルがZepp東京でライブがあるよ。ヒカルのファンは男性がほとんどらしいよ。

ヒカルの動画は7月8月は休みなしでアップされます。※いつもは水曜日休みです。

ぴぱんこ

関東在住の 食べることが大好きな、 4名の女性で記事を書いています。 こちらのサイトはグーグルアドセンスを利用しております。

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です